北欧雑貨・インテリアのお店 ‐フィーカ‐
Scandinavian vintage

CALENDAR   ARCHIVE   Official web site  
+++2017年11月北欧買い付け旅行 番外編No.3 <動物にもやさしい。>+++

北欧を旅していると、良く公共交通手段に
ペット(ワンちゃん)を
連れて乗車してくるケースをよく見かけます。
写真はヘルシンキのトラム内で撮りました。
また、駅構内でスタンダードプードルを2匹つれた
ご婦人に遭遇。
ビックリしましたが、感激でした。
ペットにやさしいですね。
日本も早くこうなると良いなと思います。
ラッシュアワーを避ければ何とかなるのでは。

 

by ☆彡ホシガメ副社長

༻ FIKAのサイトへは ▽ こちらから ༺

北欧雑貨・ヴィンテージ通販のお店 FIKA

 

+++2017年11月北欧買い付け旅行 番外編No.2<ラウンジの話>+++

出張で世界40か国以上いきましたが
SASのラウンジは
間違いなくトップ3に入ります。
シンガポール・チャンギ空港の 
シンガポールエアー
ドバイ空港のエミレーツのラウンジも
相当質が良いですが、雰囲気はSASの
ラウンジがずば抜けて良いと思います。
飲み物、食事は充実していて
椅子の座り心地の快適さは他に類をみません。
(写真1:コペンハーゲン空港ラウンジ)
コペンハーゲンのラウンジは少し広すぎますが
ストックホルムのアーランダ空港(写真2、3)
ヘルシンキのヴァンター空港のラウンジ
(写真3)は適度な広さで静寂を保っています。


 

     <写真1>                   <写真2>

 

     <写真3>                  <写真4>

by ☆彡ホシガメ副社長

༻ FIKAのサイトへは ▽ こちらから ༺

北欧雑貨・ヴィンテージ通販のお店 FIKA

+++2017年11月北欧買い付け旅行 番外編No.1<物が少ない。>+++

既に店主の旅行記でもご紹介しましたが

やはりどのお宅に伺っても”物”が少ないですね。

整理・整頓が行き届いています。

お話を伺ったところ不要になったものは赤十字などに寄付

するようです。

(赤十字で安く販売しその収益で救済活動を行っているとのこと。)

所有物はミニマムだなと感じました。ミニマムを見習って、

日本に戻ったら不要な衣類などはフリマ等で処分することを

店主と話をしました。

 

 <フィランド知人宅、ダイニングルーム>      <デンマーク友人宅、キッチン> 

 

 <ダーナラ、白樺のおじさん宅の居間>       <ストックホルム友人宅>

by ☆彡ホシガメ副社長

༻ FIKAのサイトへは ▽ こちらから ༺

北欧雑貨・ヴィンテージ通販のお店 FIKA

+++11月26日北欧買い付け旅行 11日目(最終日)+++

今日は帰国の日。昨夜は遅くまで品物の
梱包をしました。
今朝は5:00起床。昨夜からの雪を
心配しましたが積もらずホっと。
8:00にチェックアウトして駅に向かう。(写真1)
途中、砂利にスーツケースの車輪を取られていたら
親切なフィンランドの男性が声をかけてくれて
”大丈夫、手伝いましょうか?”とのこと。
丁重にお断りしたが、フィンランドに限らず
今回訪問した北欧3ヵ国は
全て女性やお年寄りにやさしい。
トラムでもお年寄りが乗車してきたので席を
譲ろうとしたら、”座っている子供達が
譲ってくれるから大丈夫。”
とのこと。案の定子供達が席を譲りました。
日本では若者がシルバーシートを
占領している光景を時々見かけますが
見習いたいですね。 
無事、ヴァンター空港に到着。
今日は日曜日昨年AM9:30オープンであった
SASのラウンジがAM7:00にオープン
ラッキーでした。(写真2)
ラウンジでしっかり朝食を取って
(写真3)飛行機に搭乗。
珍しいことに小さい飛行機でみぞれの舞う中
タラップを上りました。(写真4)
さてこれからコペンハーゲン経由で帰国です。
短いような長いような11日間でした。
買い付け記に最後までお付き合い
いただきましてありがとうございました。
PS:ホシガメ副社長が番外編の旅行記を掲載します。

 

  <写真1:ヘルシンキ中央駅へ>     <写真2:ヴァンター空港のSASラウンジ>

 

 <写真3:たっぷり朝食を頂きました。><写真4:久しぶりにタラップからの搭乗です。>

by 店主

༻ FIKAのサイトへは ▽ こちらから ༺

北欧雑貨・ヴィンテージ通販のお店 FIKA

+++2017年11月25日北欧買い付け旅行 10日目+++

+++2017年11月25日北欧買い付け旅行 10日目+++
11月25日(土)
朝9:00に出発。午前中はヘルシンキの郊外へ。
午後、昨日行ったお店にあった
アラビア、エミリアのモーニングセットをどうしても買い付けたくて
ホシガメ営業部長と別れ、昨日のお店に行きました。
モーニングセットをもう一度チェックしたところ
カップにヒビがあり、残念ながら買付を断念。
店主のおじさんに話ところ、おじさんいわく”このモーニングセットも
年を取って、老化するんだよ。”
ユーモアに思わず笑ってしまいました。

 

今日のイベントは、知り合いから紹介された方のお宅に伺いました。
状態のよいヴィンテージものアラビアの陶器・をお持ちだったので、
何点か譲って頂きました。思いもかけず夕食もご馳走になりました。
メインはソーセージ。とても美味しかったです。
何でもフィンランドでは夏にはピクニックで森に行き、バーベキューで
ソーセージ(フィンランド語ではマッカラ)を食べるそうでフィンランド人の
大好物だそうです。
私たちはドイツに友人がいて、何回かお邪魔しましたがドイツといえば
ソーセージとビール。
ドイツだけではなくフィンランド人もソーセージが好きと
伺い大変驚きました。楽しい会話、美味しい料理・デザートが今回の
北欧買い付け旅行最後の夜の最高の思い出になりました。

 

 

  <トラムに乗り、郊外買い付け>        <知人宅のダイニング、やはりスッキリしています。>

 

   <夕食、メインのソーセージは美味。>       <ヘルシンキ中心街、ライトアップがきれい。>

by 店主

༻ FIKAのサイトへは ▽ こちらから ༺

北欧雑貨・ヴィンテージ通販のお店 FIKA

+++2017年11月24日北欧買い付け旅行 9日目+++

この日は移動日。前日は夜遅くまで郵送する
商品のパッキングと荷物のパッキングに
よる遅くまで時間がかかり、
今朝はAM5時に起床したので数時間しか
寝ていません。
いつものことながら、ダーナラから空港まで
電車の遅延や運行中止が一番怖いところですが
従弟が調べたところ
オンタイムとのことでまずは一安心。
7時発の列車で、従弟の見送りをうけ出発。
今日は最終目的地のヘルシンキへ。
無事ヘルシンキに到着。今回は空港内のキオスクで
電車、バス、トラム乗り放題の2日間有効のパスを
買って、電車で中央駅にいきました。
昨年はヘルシンキの石畳を重いスーツケースを
持ってホテルまで歩くのが大変でした。
相当難儀しましたので今回はヘルシンキ駅前の
ホテルを予約しました。
それでもスーツケースの車輪が駅校内の
砂利にとられ腕の感覚がなくなるくらい
苦闘しました。
ホテルについてからすぐにトラムに乗り
2件ショップにいきました。
目的はお客様から購入のご依頼があった
アラビアのボタニカシリーズの
絵皿を買い付けることです。
残念ながらありませんでした。
一つのショップはかなりの種類の
ボタニカシリーズがありました。
お店のオーナーさんが、親切な方で
ボタニカシリーズが全て掲載された
本を見せて下さいました。
”この絵皿を探しています。”と言ったところ
お客様のご指定のボタニカシリーズの絵皿は
かなり希少らしく
オーナーさんもめったに出ないと教えてくれました。
収穫がなく、がっくりしてホテルに戻りました。
明日は終日買い付けなので、気分を変えて頑張らなくては。

 

  <列車の最後尾の車窓から、空港へ>          <社内はほぼ満席>

 

<バルト海、スウェーデン側のアーキペラゴ>    <ヘルシンキのショップにて>

by 店主

༻ FIKAのサイトへは ▽ こちらから ༺

北欧雑貨・ヴィンテージ通販のお店 FIKA

+++2017年11月23日北欧買い付け旅行 8日目+++

今日は買いつけの合間にダーナラで叔父のパンケーキの次二番目に
美味しいパンケーキのお店に連れて行ってもらいました。
従妹は彼の父が作ったパンケーキがダーナラで一番美味しいと言いました。
こちらも相当美味しかったです。
夜は従妹の奥さんがスウェーデン料理でもてなしてくれました。
メニューはサラダ、チキンのグリル、ベーコンをチキンでくるんだもの
マッシュポテトでした。特にベーコンのチキン巻はベーコンの肉汁が
チキンの胸肉に浸み込み、淡泊な胸肉がとても柔らかく
ジューシーでした。またデザートのケーキも手作り。
今日はスウェーデン料理を堪能した日になりました。

 

<ダーナラで二番目においしいパンケーキ> <ディナー、スウェーデン料理、チキンが美味>

<デザートは甘過ぎず、エスプレッソと良く合いました。>

by 店主

༻ FIKAのサイトへは ▽ こちらから ༺

北欧雑貨・ヴィンテージ通販のお店 FIKA

 

+++2017年11月22日北欧買い付け旅行 7日目+++

昨夜から雪が降りました。
夜明け前森を見ると一面銀世界で何とも静謐な雰囲気です。
夜明けとともに森の奥のほうから除雪車がやって来て
あっと言う間に道路の雪が取除かれてしまいました。
さすが北欧の国です。雪には慣れたもので雪への
対応はバッチリですね。
ストックホルムについてから気温が低かったのですが
温度計をみると今日はマイナス8℃でした。
(写真:外の温度計)
とても寒いはず。
でも屋内にいるとセントラルヒーティングが効いて
また室内の気密性が高いのでとても暖かいのです。
Tシャツ1枚でOKです。
ガラスに結露が発生しないところをみると
2重ガラスになっているようです。
日本は耐震性を優先させ、気密性は二の次であり
最新の家屋でも”寒い家”が多いと聞きます。
子供達は学校に行く前に雪だるまつくりを始めました。

 

    <家の外の温度計はー8℃>           <街は一転雪化粧>

 

  <家の前は一面雪で覆われました。>         <子供たちは雪だるま作りを始めました。>

    <二階の窓から見た雪景色>

by 店主

༻ FIKAのサイトへは ▽ こちらから ༺

北欧雑貨・ヴィンテージ通販のお店 FIKA

+++2017年11月20日北欧買い付け旅行 5日目+++

今日はストックホルムからダーナラまでの移動の日 。
昨晩雪が降ったようでとても寒い日でした。(写真1)
朝ホテルをチェックアウトして荷物をホテルに預けて買い付けに。
昼は散歩を兼ねて、ガムラスタンへ。ここは説明するまでもなく
観光名所で中世の 街並みです。(写真2)
店主はガムラスタン初めてで家にあるガムラスタンの絵の

実物を見て感激しました。(写真3)
ランチはガムラスタンのレストランで。ずっと雪がちらつき寒かったので
ランチメニューの中からスープとミートボールを頼みました。
十分身体が温まりました。(写真4、5)
一旦ホテルに戻り荷物をもってストックホルムの中央駅へ。(写真6)
お品を夜中の3時まで梱包していたので、さすがに眠く、ダーナラにつくまでの
間は熟睡しました。去年は深く眠りこみ一駅乗り過ごしましたので
しっかり寝ました。ストックホルムを出発して
約3時間、定刻に到着。駅で待っているとほどなく、従弟が車で
迎えにきてくれました。

 

 <雪が降りました。とても寒いです。>

 

 

   <ガムラスタンの街並み>           <自宅のガムラスタンの絵>

 

   <昼食、その1ミートボール>         <その2スープ、トマトベース>

by 店主

༻ FIKAのサイトへは ▽ こちらから ༺

北欧雑貨・ヴィンテージ通販のお店 FIKA

 

 

+++2017年11月21日北欧買い付け旅行 6日目+++

今日のビックイベントは白樺のカゴのおじさんのお宅で

FIKAをしたことです。

白樺の名匠、おじさんは80才を過ぎていますが

大変お元気です。

今回は買付の後、FIKAをしながらおじさんの半生を

伺いました。

もともとフィンランドで生まれ7才まで

フィンランドで暮らし、家庭の事情でスウェーデンに

養子にきたそうです。

大変苦労して育ったとのこと。

いまでもフィンランド語は忘れずに覚えていると

話してくれました。もともと家具職人で定年後年下の

先生に白樺のカゴの制作の手ほどきを受けた

そうです。さすがはもと家具職人、

部屋のいたるところで”いい仕事をしています。”

おじさんのカゴはスウェーデンの王女様もご愛用です。

おじさんのお宅を見せて頂くのは初めてですが

日本の同年輩の方のお宅と比べると

(我が家と比べてもですが)

やはり圧倒的にモノが少ないですね。

しかもお部屋が見事に整理整頓されています。

おじさんは奥様に先立たれ現在一人暮らしですが

掃除も食事(朝晩2回)も御自分で作るそうです。

おじさん曰く、それが健康の秘訣とのこと。

おじさんの淹れたくれた珈琲はとても美味しかったです。

 

   <FIKA、楽しいひと時>           <おじさんの半生を伺いました。>

 

<作品におじさんのイニシャルを入れています。>  <ダイニングにもおじさんの作品>

 

   <サンルーム、待ち遠しい夏。>        <リビング、物が少ないです。>

by 店主

༻ FIKAのサイトへは ▽ こちらから ༺

北欧雑貨・ヴィンテージ通販のお店 FIKA